JMRC神奈川ジムカーナシリーズ第3戦

| | コメント(0)

投稿者:ぐっさん
開催日:2009/5/25
イベント名:JMRC神奈川ジムカーナシーズ第3戦in相模湖リゾート(ROOKIE)
開催場所:さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト
参加車両:RSTフォースインプレッサ
クラス:BN4
総合結果:1/2位(微妙な公式戦初優勝( -人-).。oO(・・・・・・))
天候路面: 曇りのち一時雨  ウエット/ハーフドライ

 前回ままの成績で終えた第2戦目でいよいよホームでの第3戦目です。今回は同じ日に関越で
関東ミドルを開催の為同じクラスの方3名がエントリーするので、
3台かなーと思ったら、1台が東京戦に切り替えてしまい、
今回は2台しかエントリーがありません(ω・´ )━━(・ω・´)━━と、言うことは
今回は勝つか、負けるかの分かりやすい設定です。
しかし、ここで勝てれば、ライバルに追いつくチャンスでもあるので、
何と!��(゜∀゜)前日練習から参加しました。
前日練習会に久々に参加してターンなどの精度を確認しつつ最後の2本は本番タイヤで走行して
練習タイヤより1・8秒アップで手応えあり!!って感じでこの日は14本走って終えました。


 当日

 前日からのいい天気が一転朝からどんよりと曇っています。
いつ雨が降るか分からない状態でのゲートオープンして準備をしてる間に、
ぽつりと雨が落ちてきましたショボーン━━(´・ω・`)━━路面がウエットでの競技になります。
受付を済ませて今回は神奈川では珍しい慣熟走行が付いての3本走行(メ・ん・)になりました。
まあ台数も全部で60台と2年前ではとても考えられないくらいの寂しい台数です。
 コースはこれぞ!!ザ・さがみ湖らしいテクニカルなコースです。
しかもスタートしていきなり360ターンや中途半端なコーナーやGも掛かってるコースや
最後のターン前にいかにも簡単に回させないなど流石にコース製作者の罠があるコースです。


 慣熟走行

 雨は小ぶりではありますが、降っています。
今回は慣熟走行が1本目なので、先ずは様子見ながら走ることができます。
ウエットでのフェデラルの性能はどうなのか?と未知数ですし、とりあえず走ってみて感じてみようとします。

いやー恐る恐る走っています。まるで駄目駄目でターンやアクセルの踏み具合やまるでぬる過ぎる走り。
自分でも走りながらいったい何て情けない走りだろう!!と凹みまくりで
帰って後にビデを見ていやー情けなすぎる。゜(゜´Д`゜)゜。とただ反省。
このタイムはBNF、BNRより2秒以上も遅いタイムで、もっとしっかり回しこんで行き、
メリハリのあるように走らないと、負けちゃうぞ!!と思い次の1本目に挑みます。

動画はこちら


 1本目

 慣熟走行であまりの情けなさで、1本目はもっといけるので、それを出来る為に集中して行きました。
そしていよいよ1本目が始まってきました。
最初はクローズドクラスが走ってその後がラジアル公認クラスの走行です。
今回はゼッケン39番で先頭。2台しかいませんので先手必勝で行けば相手も動揺するだろうと思ったので、
ここで決める!決心で行きます。丁度その時にみねおさんとジード飯島弟子が見に来てくれました。
2人は勿論勝つよね!!その為にお祝いの道具を持ってきたのでとはっぱを掛けられます。
競技は進み、自分の出番が来て準備をし始めると、
BNFクラスの車が次々と大幅にタイムアップして行きます。
これは段々乾いてきたなしかし滑る所はあるので、慎重に攻めようと決心して
いよいよ自分の出番が来ました。

スタートして最初のターンでいかに回れるかで、その後のリズムも変わります。
ぎこちないですが、何とか回しきりって次のパイロンも丁寧に回ってゆき、
奥まで加速してのターンはストールしました。
その後の定常円は何とかクリヤしてゆき中盤に差し掛かります。
完全に乾ききっって無いので、探りながらの走りで行きます。
中間タイムも大幅にアップして行き、後半セクションに向かいます。
丁寧に丁寧に走り最終セクションに向かいます。
前回は角度が浅かったので、気おつけて行きましたが、またもや失敗!!回しきれませんでしたorz
しかしタイムは大幅にアップしてして1本目トップで糸冬 了。
帰ってビデオ見て解析したらまだまだ後1秒以上上がるなと思い次の1本に向かう準備をしました。

動画はこちら


 2本目

 お昼の慣熟歩行です。1本目の反省をしながら歩行してしっかりと修正して行きます。
路面は更に乾き始めており、これでさらにアップは間違いないと気合を入れましたが、
終わる頃にまたぽつぽつと雨が降り始めてきました。
あーあ何たる天気のいたずらなのか?
普通なら雨乞いして勝ち!を狙いますが、自分は2本きっちり走って勝ちに行きたいので、
何とか止んで欲しいと祈っていきました。
BNFクラスから雨が少しずつ止み始めてき始めて少しずつではありますが、
タイムも上がってきました。
BNRクラスの後半からタイムもどんどん上がってゆき、BNRクラスで9秒台が出てきました。
ひえー( ゜Д゜)ヒョエー9秒かよ!?と思い4駆ならそれ以上出さなければ洒落にならないので、
これは行くしかない!!と思いっきり行くことにしました。

走り始めて1本目より乾いてるので、これはいけると思いました。
最初の360ターンも1本目より上手く回せましたし、これでいけると思ったら、
2つ目のターンでリヤがまだ滑る滑る完全に油断していましたので、
1本目と一緒に集中しながら走ってきました。
奥のターンはまたもやストール(メ・ん・)でしたが、次は丁寧に行き、
チョン引きサイドもしっかりとトラクションを掛けて行きます。
外周を走って中盤に差し掛かる所はもう乾いていますので、行ける所まで行きました。
真ん中付近を通過して左奥のチョン引きサイドでちょっと突っ込みすぎで、
立ち上がりが海老ってしまいました。
そして最終セクションに向かい今度こと誓って最終ターンに行きましたが、
回ってる間に失速気味になってしまいましたので
強引回しきってゴールしてタイムも1.2秒アップの1分9秒242とノーマルタイヤベストを記録。
後続を待ちます。
しかし帰ってる間に、後続の方があっけなくMCで糸冬 了して公式戦初優勝しました。
嬉しいのかちょっと微妙ですが、勝てたので良し!!とします。

動画はこちら


表彰式

表彰式で初のお立ち台に上りました。
しかし上ったのは自分だけとちょっと寂しかったです。
インタビューも上がってしまい何言ってるのか分からずに糸冬 了しました。
しかし初優勝といったら、ジムカーナの世界ではお祝いの水掛けが待っています。
今回はジード弟子、みねおさんが、
お祝いのバスクリンキタ━━━━━━\(T▽T)/━━━━━━ !!!!!を掛けてもらい、
つづいてお世話になってる方々の容赦ない水掛け
しかも氷水ギンギン冷えた水で上から被り(全日本ドライバーから)
そして最後に弟子のジード飯島さんからコーラ!!
500mmを被り周りは大爆笑(゜ー゜*)となんとも楽し表彰式でした。
最後に今回何とか勝てましたが、この勝ちでは本当のはどうなの?って感じです。
やはり面子が集まってこその勝利をしてこその喜びだと思います。
次回は6月の終わりの開催です。
ここでは翌週に関東ミドル第5戦が迫っていますので、多少は違う方のエントリーもあるかと思います。
そこでこその勝利が真の勝利なので、ターニングポイントは本当はここ!!なので、
ここで自分の真価を発揮する時が来ます。
しっかり練習して望んで行きたいと思っています。
次回もお楽しみに(* ^ー゜)ノバイバイ

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2009年5月25日 15:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「JMRC神奈川ジムカーナシリーズ テクニカルチャレンジ ジムカーナ(Force)」です。

次のブログ記事は「JMRC山梨ジムカーナシリーズ第4戦」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01