2002年9月アーカイブ

黒ちゃんEVOカップ初出場初優勝!

カートップ誌を焚き付けてジムカーナを主催させ、広く一般に競技への参加の
楽しさを訴え努力して参りましたが、もう一つの大きな目標として、黒ちゃん
で総合優勝!ってのが有りましたんです。

もちろん実験車両ですから、エアコン冷え冷え、オーディオ聞ける(サンバーから
外した¥15800�ッのヤツ)快適装備はそのまんまの状態で、市販パーツを
組み合わせ、ジムカーナに勝つ事だけの車両であってはならないってのが
ポイントっす。

誰でも購入出来るパーツで、町乗りからスポーツ走行、競技までカバー出来る
車両でなければ、お客様にデータのフィードバックが出来ないですから。

セットアップも結構上々で、かかりちょ参謀長の技量をもってすれば、勝てる
自信は有ったんですが、やはり本番初走行はドキドキでした。
だってかかりちょのタイヤマジ腐ってる寸前!
ダイジョブかー!表面の色が黒と青のツートンだぞー!俺はこのタイヤじゃ
走りたく無いぞー!って位の超熟仕様、酒ならイイが・・・

かかりちょはもう敵じゃ無い!と陰でコソコソのたまわっている各位の挑戦は
いつでも受けるそうですので、どんどん挑戦してくれたまえ!
もちろんウチもそんな挑戦が無意味と思う位のレベルで、勝つ為のスープアップ
に全力を尽くすからね�ー

大変好評であるマニ加工ですが、一台一台加工していると色々な物が見えて来て
結構楽しいんでます。

それぞれの運転の仕方とか、ちゃんとメンテしてる人とか、このエンジンは
おかしいトコが有るぞとか・・・

あと社外品のマニを使っている人も、ただ付けてもらっただけって人ばかりで
ちゃんとそのマニの効果が発揮される様に付けている人はイナイですねー。

マニを付けるのと、ちゃんと社外のマニに合わせて加工してから付けるのでは
全然異なった特性になりますし、せっかく大金払って買った物も効果半減状態
になってしまいます。

社外マニを使用していて、疑問を持たれた方は御相談下さいな・・・
まあ、タダ単に付けるだけなら、ボルトオンですからアホな店でも付けられます。
タマに合わないのもありますけど・・・

純正加工品以下の能力しか発揮出来ないんじゃ、社外品の意味無いです!

こんな事書くと、パクって能書きタレる店が出るんだろーなー!

ねんぴ・

| | コメント(0)

ウチの二台は結構バシバシ走っているのに燃費が良い!

黒ちゃんは普通に走って7�q前後、白ちゃんは8�q平均である。

もちろん普段は街中ばかりで渋滞と快走(←オブラートな表現)を繰り返して
いるのが実状なので、一般の方と大差無い使用状況だと思う。

黒ちゃんで考えられるのは、トルクアップ対策中心のセットアップと軽量化、
特に慣性マスの軽減や、水温対策による燃料冷却量の軽減による物と思われるが、
白ちゃんは少し様子が異なる様である。

元々ファイナルが高すぎて、街中だとかなりダルい250Sで有るが、マニ加工
による排気抵抗軽減、ピンポイントアースによる電気抵抗軽減、静電気除去、
でサクサク走る様になった事は大きいです。
速くなる=スロットルを開けなくてもスイスイ走る=ムダに燃料吹かない
ってトコでしょうか・・・

あと、スバルは水温を低くすると効果絶大です。
元々の水温設定が高いのでNAモデルでも、サーモ交換をオススメします!
ATの車はATFの温度が下がるし、ターボのMTは水冷式のオイルクーラーが
付いているので油温が下がります。

このアーカイブについて

このページには、2002年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2002年8月です。

次のアーカイブは2002年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01